畑がない!それなら袋栽培はいかが?

畑の様子
スポンサーリンク
友達のイさん
友達のイさん

野菜を育ててみたいなぁ~
でもアパート暮らしなんだよね

管理人
管理人

畑がなくても、野菜は育てられますよ^^

イさん
イさん

そうなの?!
ベランダもそんなに広くないんだけど大丈夫かな~

イさんのように「野菜を育てたい!」と思っても、畑がなくて困っている方を見かけます。

そんなときに役立つのが、袋栽培です^^

袋栽培

袋栽培は、名前の通り袋を使って野菜を育てます。

プランターで育てても良いのですが、袋栽培よりスペースを取りません。
つまり、「ベランダで野菜を育てたい」「スペースを取りたくない」という方に向いています。

というわけで、今回は袋栽培をする方法をレクチャーしちゃいます。

袋栽培の始め方をチェック!

袋栽培に必要なのは、3つだけ。

培養土
種もしくは苗
支柱

これらの材料は、お近くのホームセンターで揃います。
ちなみに、支柱はダイソーでも売っています。

ただし培養土の選び方には、注意が必要。

<培養土の選び方>
通気性と排水性に優れた培養土を選ぶ。
袋の説明書きを見ればOK。
分からない場合は、店員さんに聞いてみましょう♪

イさん
イさん

袋にどうやって植えたらいいの?

管理人
管理人

これは見てもらって方が早いかも!

大根

こんな感じで、うちで育てている大根です^^

大根
植えるまでの手順を紹介しますね。

①袋の口を開ける下になる部分に、割りばしで穴を開ける
(排水のため)

③支柱を立てる(4隅に)
(袋を固定するため)

④苗もしくは種を植える水をやさしくあげる

<ワンポイントアドバイス>
大根の場合は縦向きに袋を使っていますが、植える野菜によっては横に使う場合も。例えばニラや白菜は、袋を横に倒して使用します。

詳しく知りたい方、こちらをご覧ください♪

また野菜を大きく育てたければ、間引きをするのも大切ですよ。

イさん
イさん

間引きって何?

管理人
管理人

野菜が育っていく過程で、一つの株に栄養を集中して蓄えさせるために、いくつかの苗を引っこ抜いていくことだよ。

間引きのイメージ図

こんな感じですね♪

袋栽培の収穫はとっても楽

袋栽培の良いところが、もう一つあります。
それは、収穫がとても簡単だということ。

例えば我が家で育てたミニ大根なら、
1本5秒とかからず収穫できました^^

ミニ大根の収穫

収穫するのに、スコップはいりません。

スルッと抜けて、はい終わりって感じです^^

母がミニ大根を持っています
管理人
管理人

どうかな?
これならイさんのアパートのベランダでも出来そうじゃない?

イさん
イさん

できる気がしてきた~!
やってみるね^^

もし畑がなくて困っているなら、袋栽培をおすすめします♪
ただし袋の下には、大きめの発泡スチロールか鉢受けの皿を置くと◎。

水が下から漏れる可能性大なので、その水を受ける物が必要なんです^^

イさん
イさん

なるほど~!
私は2階に住んでいるから、1階まで水が流れちゃったら大変だ

管理人
管理人

そこは気を付けたいポイントですね

イさん
イさん

分かった~(^▽^)/

というわけで、みなさんも袋栽培いかがでしょうか。
気軽にトライできるので、おすすめですよ♪

畑の様子
スポンサーリンク
管理人をフォローする
沖縄で半農半ⅹしてみたよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました